投資と向き合おう

投資のイメージ画像

投資額がトータル1000万円を超えてしまいました。しかし私は投資前の予習をかなり真剣にやったので、その分見返りも大きいです。あなたも真剣に投資と向き合えば、人生を変える銘柄に、きっと出会えるはず。

投資予習の近道は投資の先輩の話を聞くこと

初めて投資を始めるにあたり、一人で何も知識のない状態で始めるよりは、先輩等に話しを聞いてから始めると良いでしょう。近年はインターネットで簡単に情報を検索出来る様になり、ある程度の知識を得る事は出来るでしょう。
しかし、実際の取引き方法や、売買の方法、そして投資のコツを知るためには、先輩の経験談が大いに参考になる事でしょう。例えば、周りに投資をすでに始めている人がいれば是非現在の状況を聞いてみましょう。友人でも家族でも恋人でも良いでしょう。普段どの様な金融商品を運用しており、どの様な投資方法を取り入れているのか知る事で、より具体的なイメージが出来るでしょう。

投資商品は株からFX、そして投資信託等非常に幅が広く、投資目的によって商品を変えている人もいる事でしょう。積極的に資産を運用しているのか、もしくは安定的な運用を目指しているのかという目的を聞く事も重要です。自分の投資目的とあった人がいれば、より参考となる情報を得る事が出来るでしょう。
そして先輩から話しを聞く中で、過去の失敗談等を聞いてみると良いでしょう。具体的にどの様に失敗をし、どの程度の損を被ったのかを聞く事で、ご自身に当てはめてイメージする事が出来ますので、今後自分も同じ失敗をしない様に工夫する事が出来ます。

この様な失敗談には多くの教訓が含まれています。実際に体験した人だからこそ語れる失敗談ですので、参考情報として聞いておくと良いでしょう。この様に何かを始める場合には、まず先輩から話しを聞く事で、そもそも自分に向いているのかという判断もできますし、今後同じ話題で話しが出来るというメリットも含んでいます。是非周りに経験者がいないか探してみて、話しを聞いてみましょう。

投資額10万越えで成功が見込めない時その投資を中止

お金を稼ぐ時は普通に働く方法もありますが、それだけでは十分な収入を得られないことも多いです。そのようなときは投資をして別の収入を得ておくことも大事で、そのようなことをしておけばいざという時に対応をする事ができます。ただこのような方法を行う時は決まりを作っておいたほうがよく、ある程度損失が出たときはやめるのことも大事です。
投資というのは必ず成功をするわけではないので、ある程度は失敗をして損失が発生することもあります。そういうときに失敗をしているのにむりにお金を投資すると、莫大な借金を抱えて路頭に迷うことも少なくないです。このような問題はプロの人も警戒をしていて、そのような専門家でも失敗をしたらどこで引き返すか決めていることが多いです。

では一般の人はどの程度でやめるといいかというと、10万円程度の損失が出たらやめたほうが安全です。普通に暮らしている人にとって10万円は大きなお金ですし、そのような損失が出てもお金を支払い続けるのは難しいです。そのためこのような損失が出た時は一度投資を整理して、やり直しを考えたほうが生活に支障がでずにすみます。
投資をするときに重要な事はお金を稼ぐ方法を考えることもでもありますが、同時に失敗したときの対策も大切です。そして普通に暮らしている人の場合は10万円を超える損失が出ると、生活がおかしくなるなどのトラブルが発生しやすくなります。そのようなリスクがありますからこのくらいの損失が出てきたら、そろそろ投資をやめるなり変えるなりしたほうが安全です。
投資はうまく行けば安定した収入を得られるものですが、失敗をすることもあるのでよく考えてから対応する必要があります。

投資する銘柄の見極めはネットでリアルタイムの情報を

投資する銘柄を見極めるためには、ネットでリアルタイムの情報を得ることが大事です。まず相場の動きは速いことを認識しておく必要があります。
株式投資を行っているのは、今は多くがプログラムによるものとなっています。日々の値動きや発表されるニュースによって、大量に注文が発注されることもあります。その場合には大きく値が動きますし、そのタイミングを利用することが大切です。
例えば業績の良い銘柄をチェックしていて、ボックス圏での細かな値動きを見せているとします。この場合、抵抗線と支持線に挟まれた範囲で動いているものですが、抵抗線を突破すると大きく上昇することになります。そのタイミングで購入すれば、リスクを抑えて値上がりを期待できることになります。もちろんその後の値動きにも気を配り、急落するような場面が見られたならばすぐ売却する必要があります。

このように常にリアルタイムの動きをチェックしておくことで、損失のリスクを回避したり利益を得るチャンスを掴むことになります。また、長期保有する場合にも日々の値動きを確認することは大事です。株式を購入したら終わりではなく、細かく操作することが必要です。値下がりする場面ではポジションを減らし、逆に上昇する局面では買い増しをするといった操作が大事です。その判断を行えるのもリアルタイムの情報を得ることで可能となります。
サラリーマンでも投資は購入して放置するのではなく、大きなニュースによる急落などに備えて情報を確認することが大事です。デイトレードのように頻繁に売買する必要はありませんが、目安となる株価を割り込んだら売却するように逆指値で売却の注文を入れておくなどの工夫が必要です。