投資のイメージ画像

投資額がトータル1000万円を超えてしまいました。しかし私は投資前の予習をかなり真剣にやったので、その分見返りも大きいです。あなたも真剣に投資と向き合えば、人生を変える銘柄に、きっと出会えるはず。

投資に役立つ資格やアップルについて

投資という言葉、キーワードに関しては「先を見据えてある物事、会社などに資産や財産を投じること」を意味しています。

この言葉は「投資信託」という言葉にも使われており、銀行などでよく投資信託を勧められる方もおられるものですが、こちらも「お客様の財産を投資して、財産を増やしてみませんか」という意味合いで、使われていることが多いです。

日本のこれからの年金制度などには不安が多い方が爆発的に増加している、ということでその不安から、老後の資金をもっと増やさなければならない、というニュースなども目にします。
そのため、このような投資目的での「投資信託」などが、銀行などを中心に行われていますが、実際的にこのような投資信託については、「資格」がなければ、販売などを行うことは、一切出来ないものとなっています。

この理由は、資格がなければ、「投資」についての危険性、もちろんメリットもあるのですが、デメリットについてうまく説明が出来ないためです。

株もそうですが、このように何かを投じる、ということはある意味では博打ともいえる世界です。
「資格」については、主に銀行などで取得するべき資格というものは「証券外務員2種」であったり、「証券外務員1種」であったりします。

このような資格を持っていない人が、上記のような商品を販売した場合には、当然ですが、罰則の対象となっています。

ところで、キーワードのアップルという言葉についてですが、ただ、英語名を訳すとこちらは「リンゴ」という意味になりますが、株などの世界では、こちらは「アップル社」のことを指しています。

あまりにも有名な会社ですが、パソコン、アイポッドなどの会社さんであり、世界的にもトップクラスの会社となっています。