投資のイメージ画像

投資額がトータル1000万円を超えてしまいました。しかし私は投資前の予習をかなり真剣にやったので、その分見返りも大きいです。あなたも真剣に投資と向き合えば、人生を変える銘柄に、きっと出会えるはず。

2017年05月の記事一覧

投資と平均と宮崎銀行など

株式投資をする時は、銘柄に関することを知る必要があります。宮崎銀行は人気の銘柄となっています。宮崎銀行に投資をする時は、平均収益率などを考えることが大切になります。投資をする時はリスク管理を上手く行う必要があります。株式投資をする時は、株価の変動に注目する必要があります。株式投資においては、株価の変動がリスクとなります。資産運用をする時は、平均で様々なことを考える必要があります。株価投資をする時の判断材料である一株利益は、平均値で見る必要があります。平均でそうした見ることで、総合的な視点で判断することができます。突発的な事情で一株利益が大きく変動することもあります。一株利益の変動要因が一時的なものかどうかを判断することは、とても大切です。株式投資で上手く利益を得るには、銘柄の一株利益が順調に増えているかを知ることが大切になります。宮崎銀行の収益力は様々なことに影響されます。融資先の企業が成長しますと、宮崎銀行の収益力も上がります。様々なことを考える時は、相関関係を知ることが大切になります。株式市場は様々なことに影響されます。金利が低くてリスクオンの時は、株式市場が活況になることもあります。そうした時に株式市場に資金を投じますと、大きな利益を短期間で得ることも可能となります。銘柄の選択をする時は、同業他社を上手く比較することも大切になります。そうしたことをすることで、その銘柄の強みを知ることができます。投資で上手く成功を収めるには、情報処理を上手く行う必要があります。一株純資産を分析することは、とても人気があります。一株純資産を見ることで、企業価値を客観的にはかることも可能となります。

続きを読む

ツールの発達と投資、武田薬品について

最近定年退職後に新しく株などへの投資を始めるという人が多くなっています。これにはいろいろな理由がありますが、きっかけとしましては会社に勤務していた人は、もし株に興味があっても勉強する時間はなかなか取れなかったこと、そもそも証券会社に足を運ぶ機会もなかったことなどが挙げられます。仕事が定年になりますといずれの時間もできるわけです。また近年少額投資非課税制度NISAという制度が新設されたことも大きいです。NISAは配当金などが非課税になる制度ですが、20%という税額が高いと感じていた人は、NISAが始めるきっかけになっています。少額投資の場合の非課税制度ですから、年間の投資額120万円までという限度額はあるのですが、定年退職した人は株にあまりたくさんの資金を使うことはできませんから、制限額の枠があることで逆にプラスと考えることができます。さらに最近はツールが発達したことも投資層を広げています。今はインターネットでも株の売買ができますし、そもそもネット上でいろいろな資料の検索ができます。これが普及に大いに役立っています。さて実際に買う株を選ぶとしますと、この世代の人は投資とともに病気にも関心がある年代ですから、製薬会社に注目するのも効果的ですが、その中でも有望なのが武田薬品です。現在武田薬品では、中度から重度の潰瘍性大腸炎治療薬と、降圧効果が長く持続する錠剤などが好調で、いずれも世界的に評価されています。また、武田薬品の糖尿病の治療薬の服用で認知症の症状が改善することを発見し、認知症薬への転用の研究が始まっています。もともと糖尿病薬としてすでに活躍していましたから、臨床実験が短期で済むのもプラスです。さらに世界の低所得者層でも買える抗がん剤など、様々な製品を開発中ですので、武田薬品は今後の株価上昇が期待されます。

続きを読む

投資に役立つ資格やアップルについて

投資という言葉、キーワードに関しては「先を見据えてある物事、会社などに資産や財産を投じること」を意味しています。

この言葉は「投資信託」という言葉にも使われており、銀行などでよく投資信託を勧められる方もおられるものですが、こちらも「お客様の財産を投資して、財産を増やしてみませんか」という意味合いで、使われていることが多いです。

日本のこれからの年金制度などには不安が多い方が爆発的に増加している、ということでその不安から、老後の資金をもっと増やさなければならない、というニュースなども目にします。
そのため、このような投資目的での「投資信託」などが、銀行などを中心に行われていますが、実際的にこのような投資信託については、「資格」がなければ、販売などを行うことは、一切出来ないものとなっています。

この理由は、資格がなければ、「投資」についての危険性、もちろんメリットもあるのですが、デメリットについてうまく説明が出来ないためです。

株もそうですが、このように何かを投じる、ということはある意味では博打ともいえる世界です。
「資格」については、主に銀行などで取得するべき資格というものは「証券外務員2種」であったり、「証券外務員1種」であったりします。

このような資格を持っていない人が、上記のような商品を販売した場合には、当然ですが、罰則の対象となっています。

ところで、キーワードのアップルという言葉についてですが、ただ、英語名を訳すとこちらは「リンゴ」という意味になりますが、株などの世界では、こちらは「アップル社」のことを指しています。

あまりにも有名な会社ですが、パソコン、アイポッドなどの会社さんであり、世界的にもトップクラスの会社となっています。

続きを読む

社員へ投資する資金の流れ

企業が成長を成し遂げるには、投資すべきお金が必要となります。社員全員へ行き渡ることが理想であり、さまざまなプロジェクトの成功を祈って出資するというスタイルも人気を集めています。本題へ移行する前に自社の心得を学習する機会を設けることで、投資したい人の数を増やす方向が出ていきます。将来的な見込みがある事業へ人は投資する傾向にあるため、献身的にアピールできるポイントを絞っておく環境が大切です。
資金の具体的な使用法に関しては、株主も気になる内容であり、お互い納得できる状況を優先させる内容が重要です。回収率に優れた内容を提供していける環境が揃えば、投資に関する具体的なデータがしっかりわかっていきます。また社員どうしのコミュニケーションや仲間意識を向上させるレクリエーションを実行すれば、投資の効果がはっきり見えてきます。安心できる内容をひとつでも多く提供すれば、株主のモチベーションが保たれる条件が浮かびます。社員のチャンスが続く限りは、投資を呼びかける行動が不可欠です。資産を上手に運用していくには、将来の見通しが大事になります。億単位の金額を出資する人は、配当金に期待するケースが多く、積み立て以外で儲けることを優先します。また社員の率直な意見を聞く機会を設置することで、より強い信頼関係の下で結束が可能となります。
人へ投資する意義を慎重に考えることで、メリットにつながる方向がはっきりします。市場で賑わいを見せている銘柄は、売買高が高い場合が該当するため、投資家の勢いが強い状況が当てはまります。上手にお金を使っていくことで、心の満足が高い水準へ向かっていきます。データが語る事実に着目することが必要です。

続きを読む

投資の重要日はカレンダーに付けます!NTNについて

株式に投資しますと配当金や株主優待が受けられます。最近ではまず株主優待の品が何かで投資先を決める人も多いぐらいです。気をつけておかなくてはいけないのが配当金や優待品をもらうには企業ごとの権利確定日に株主名簿に名前が載っている必要があることです。何社もの株主になった人は、確定日を忘れて事前に売ってしまったりしては大変ですのでカレンダーに日付を付けておくことが不可欠です。実際に株を買う場合にいつも注意する点は、その企業の技術自体だけではなく海外の情勢なども常に頭に置いておくことです。日本の企業の多くは商品を海外に輸出していたり原料はすべて輸入だったり、実は海外の工場が主力拠点だったりするからです。例えばNTNは等速ジョイントとハブベアリングの世界トップです。ベアリングとは回転する部品の摩擦を減らすもの、等速ジョイントは部品間でもし角度ができても等速を保つもので、いずれも特に自動車には不可欠ですが、シェアが世界のトップクラスということは製品を世界中に輸出しているわけですので、こういう企業は例えば円高はプラスになりません。最近でもNTNも部品の供給自体はたいへん好調だったのですが、円高の分が負担になりました。また円高ですと日本国内の企業全体、あるいは国内の大手自動車会社に元気がなく、NTNの製品の購入減を生じてしまいます。今後はこういう点が改善されますと株価もさらに好調になれます。またNTNは外国の大手自動車会社に上述のような部品を供給していますから、その企業自体あるいはその国の経済や景気も大いに影響があることになります。なおNTNで最近注目されていますのがLEDを使った照明灯です。これは昼間のうちに風力と太陽光の二通りで発電をして充電しておきそれを使って夜間明かりを点けるというものです。これはたいへんにエコな製品ですしこれからもぐっと普及すると考えられている有望品です。

続きを読む

ニプロ・シノケンの長期投資優遇制度

最近は、株式への投資を個人投資家に促進するために、多くの企業が株主優待制度を導入しているようです。ただ、株主優待を目当てに株式を購入して、株主優待の権利を取得したらすぐにその株式を売却してしまうという人もいますから、企業側としてはなるべくこのような短期売買取引を防止しておきたいと考えるわけです。そこで、例えばニプロやシノケンといった企業の場合には、株式を長期にわたって保有していれば優遇を得られるといった株主優待制度を導入しています。もう少し具体的に説明しますと、シノケンの場合には、2,000円分のクオカードが貰えるところを、3年以上の長期保有で5,000円分のクオカードが貰えるようになります。また、ニプロの場合には、5,000円分のJCBギフトカードが貰えるところを、3年以上の長期保有で10,000円分のJCBギフトカードが貰えるようになり、5年以上の長期保有で15,000円分のJCBギフトカードが貰えるようになります。ですから、長期保有をしたほうがお得になるということで、株主優待の権利を取得したらすぐに株式を売却してしまうというというような行為の防止策となっているわけなのです。ただ、それならば株主優待の権利を取得したらいったん株式を売却して、次の権利取得日の前にまた株式を買い直せばよいのではないかと思われる方もおられるかもしれません。でも、企業側では長期保有の判定を株主番号で行っているので、いったん株式を売却した後にまた株式を買い直すという行為を行うと株主番号が変わってしまい、長期保有をしていると判定されなくなってしまうのです。ですから、長期保有による優遇制度がある株式を保有している場合には、売却して損をしないように気をつけたほうが良いでしょう。

続きを読む